常田泰由

 

1980.5.7 長野県生まれ

2010.4 - 2014.3    東京造形大学 非常勤講師

2015.4 -  東京造形大学 非常勤講師

2015.4 -  武蔵野美術大学 非常勤講師

現在、東京都在住

 

学 歴

1999.3 長野県立諏訪清陵高等学校卒業

2004.3 東京造形大学 造形学部 絵画専攻卒業

2006.3 愛知県立芸術大学 大学院 美術研究科 油画専攻修了

 

主な個展

2017「piece」Gallery惺SATORU (東京)

2017 「collage」gallery N (名古屋) (2013, 2011, 2008)

2016 「Drawings」switch point(東京)

2016 「collage / woodblock print」circle gallery & books(東京)

2015 「上諏訪中学校+常田泰由 かたちをみつけて」諏訪市美術館(長野)

2015   ART GALLERY MUSE(前橋)

2014 「木版画とコラージュ」Gallery惺SATORU(東京)

2012   Galerie Turm(秋田)

2011 六本木605画廊(東京)

2010 ギャラリー福果(東京)

2010 Gallery HALCA(東京)

2008 ギャラリー早蕨(名古屋) (2006,2005,2004)

 

主なグループ展

 

2017 「Poetry of Place 場所の醸す詩情」The Koppel Projec(ロンドン)

2017 「Views of Contemporary Japanese Printmaking」Famagusta Gate, Nicosia(キプロス)

2016 「ZOKEI NEXT 50」Arts Chiyoda 3331(東京)

2016 「Little Christmas 2016ちいさな版画展」全国36カ所の会場 (2016, 2015, 2014, 2013, 2012, 2011, 2010)

2014 「4つの窓 長野ゆかりの版画家4人展」須坂版画美術館(長野/須坂)

2014 「MINIPRINT FINLAND 2014」Hyvinkää Art Museum(フィンランド)

2013 「25x25: Contemporary Japanese & Australian Printmaking」Japan Foundation Gallery(オーストラリア)

2011 「第7回造形現代芸術家展」 東京造形大学附属横山記念マンズー美術館

2009 「版画—日本の第二言語」 日本美術技術博物館 マンガ (ポーランド)

2009 「Dear 先輩。-収蔵資料展2009」愛知県立芸術大学 芸術資料館

2009 「グアンラン国際版画ビエンナーレ」グアンラン美術館 (中国)

 

主なワークショップ / 講義

2017 「水彩絵具モノタイプWS」九州産業大学(福岡)版画学会主催

2016 「水彩絵具モノタイプWS」 アートラボはしもと(神奈川)

2016 「水彩絵具モノタイプWS」 諏訪市美術館(長野)

2014 「水彩絵具でモノタイプ!!」 須坂版画美術館(長野/須坂)

2014 「いろとかたちで探るワークショップ (コラージュ)」   神奈川県立近代美術館 葉山館

2011 「版画の読むために」東京造形大学(歴史学)にて

 

著 作

2016 「Drawings」 Publisher: switch point Book design: Kaoru Hongo

 

賞 歴

2014 「MINIPRINT FINLAND 2014」Hyvinkää Art Museum(フィンランド) 入選

2009 「グアンラン国際版画ビエンナーレ」グアンラン美術館 (中国) 入選

2008 「ウッジ国際ミニプリントトリエンナーレ」(ブルガリア) 入選

2007 「レッセドラ国際版画アニュアル」(ブルガリア) 入選

2006   愛知県立芸術大学 大学院 修了制作 買い上げ

2005 「第30回全国大学版画展」収蔵賞

2004 「第29回全国大学版画展」収蔵賞

2003 「第28回全国大学版画展」収蔵賞

 

パブリックコレクション

日本美術技術博物館 マンガ(ポーランド)

グアンラン国際版画ビエンナーレ組織委員会(中国)

愛知県立芸術大学芸術資料館

町田市立国際版画美術館

 

ウェブサイト

yasuyoshitokida.com

 

作品について

私の作品は、ほんの小さなドローイングから始まる。それは、写真や印刷物も含めた、そこにあるもの形を見て、ほんの数秒のあいだに描いたごく簡単なもので、いくつかのルール(一筆書の線や、2色に塗りわけられるような線)で描かれている。これら線のドローイングは、自分でも理解しきれない小さな作品のきっかけである。描いてからしばらく時間が経ち、忘れた頃に再び選択され、それらがいくつか集まることで、やっと「かたち」となり、はじめて木版画の作品になる。つまり、時間をかけて、距離をとりながら、それらと関わっていく過程が私の制作なのである。

 近年は、これらのドローイングに加え、彩色した紙を切り抜き並べた、コラージュ作品、そのコラージュをもとにした木版画作品も制作している。コラージュ作品でも、意識と無意識の中間であること、また、自分からの少し離れてというあり方がテーマである。

 

木版画の技法について

私の木版画の制作方法は、通常の木版画と少し異なり、型紙と木版を使用したものである。ローラーで油性インクを均一にのせた版木の上に、型紙と刷紙を置き、プレス機を通す。型紙を置いたところにはインクがつかず、型紙のないところに、インクがつきイメージが表れる。画面は、基本的に2色2版で表されるが、プレスによって木目を写しとったインクのテクスチャー、最後まで型紙マスキングされ残された紙の白の質感など、かたち以外の要素によって構成される部分が大きい。選んだ「かたち」には、手を入れず、拡大し作品とし、また、なるべく少ない色数、版数で表現したいと考えている。タイトルは、モチーフをもとに頭文字をとって、幾つかのアルファベットでつけている。これらも、「かたち」との距離の取り方の一つの方法である。

 

 

 

 

Yasuyoshi Tokida

 

Live in Tokyo, Japan.

2015 -  present  Part-Time Lecturer, Musashino Art University.

2015 -  present  Part-Time Lecturer, Tokyo Zokei University.

2010 - 2014  Part-Time Lecturer, Tokyo Zokei University.

1980    Born in Nagano, Japan.

 

Education

2004-2006   Aichi Prefectural University of Fine Arts and Music. (MA, Fineart, Printmaking)

2000-2004   Tokyo Zokei University. (BA, Fineart, Printmaking)

 

Solo Exhibitions  (selected)

2017  ‘Collage’ gallery N, Nagoya, Japan.

2016  ‘Drawings’ switch point, Tokyo, Japan.

2016  ‘collage / woodblock print’ circle gallery & books, Tokyo, Japan.

2015  ‘Kamisuwa Junior high school + Yasuyoshi Tokida Find the Form’ Suwa city museum of ART, Suwa, Nagano.

2014   ‘woodblock print & collage’ Gallery SATORU,Tokyo,  Japan.

 

Group Shows & Workshops (selected)

2017  'Views of Contemporary Japanese Printmaking' Famagusta Gate, Nicosia, Cyprus

2016   ‘ZOKEI NEXT 50’  Arts Chiyoda 3331,Tokyo, Japan.

2016/2015/2014/2013/2012/2011/2010   ‘Little Christmas’ (exhibition of Small prints) 30 galleries in Japan.

2014   ‘Four Windows - Exhibition of four printmaker related to Nagano’ Suzaka Hanga Museum, Nagano, Japan.

2014   ‘MINIPRINT FINLAND 2014’ Hyvinkää Art Museum, Finland.

2013   ‘25x25: Contemporary Japanese & Australian Printmaking’ Japan Foundation Gallery, Sydney, Australia.

2011   ‘The 7th Zokei Contemporary Artists Show’ Tokyo Zokei University Yokoyama Memorial Manzu Art Museum,  Tokyo, Japan.

2009   ‘Hanga: Second Language of Japan’ Manggha - Muzeum Sztuki i Techniki Japońskiej, Kraków, Poland.

2009   ‘Dear SENPAI ’ Univresity Art Museum, Aichi Prefectural University of Fine Arts and Music

2009   ‘2nd Guanlan International Print Biennale’ Shenzen, Chaina.

 

Workshops / Lectures (selected)

2017  ‘Watercolor monotype workshop’  Kyushu Sangyo University,  Fukuoka, Japan.

2016  ‘ZOKEI! TANOSHII! ’ Art Laboratory Hashimoto, Kanagawa, Japan. (watercolor monotype workshop)

2016  ‘Watercolor monotype workshop’  Suwa city museum of ART,  Nagano, Japan.

2014  ‘Watercolor monotype workshop’  Suzaka Hanga Museum, Nagano, Japan.

2014  ‘COLOR, MOTION,FORM, SUMMER ADVENTURE IN ART’  The Museum of Modern Art Hayama, Kanagawa, Japan. (collage workshop)

2011  ‘To Read prints’  Tokyo Zokei Univesity, Tokyo, Japan.

 

Books

2016 ‘Drawings’  Publisher: switch point Book design: Kaoru Hongo

 

Prizes

2006  ‘Aichi Prefectural University of Fine Arts and Music.’ Graduate school completion works collection prize

2005  ‘The 30th Annual Exhibition of the Japan Society of Printmaking’  Collection prize

2004  ‘The 29th Annual Exhibition of the Japan Society of Printmaking’  Collection prize

2003  ‘The 28th Annual Exhibition of the Japan Society of Printmaking’  Collection prize

 

Public collections

Machida City Museum of Graphic Arts, Tokyo, Japan.

Univresity Art Museum, Aichi Prefectural University of Fine Arts and Music, Nagoya, Japan.

The Organizering Committee of Guanlan International Print Biennial, Shenzen, China.

Manggha - Muzeum Sztuki i Techniki Japońskiej, Kraków, Poland.

 

website

yasuyoshitokida.com

 

Statement

My work starts with a small drawing. These drawings are very simple and it is easy to draw for a few seconds, and I look at the forms (including photographs and printed matter) and then draw them with lines. There is my rule that draws with a line of one stroke or a line painted in two colors.

These drawings are the initial trigger to my works that can not be understood even by myself. Time has passed for a while, it was selected again when I forgot, and by gathering several of them, it finally became " form ", and it became a work of woodcut print for the first time. In other words, the process involving the shape with time and distance is my work. In recent years, in addition to these drawings, I also make collage works with cut and pasted paper painted with acrylic, and woodcut prints based on that collage. Even collage works, my theme is between consciousness and unconsciousness, and that is a bit away from me.

 

Technique of My Woodcut Prints

The method of making my woodcut prints is using pattern paper and wooden plate, which is different from ordinary woodcut prints. I put a paper pattern and a printing paper on a wooden plate with a uniformly layered oil-based ink with a roller and press it. The ink does not stick where I put the pattern paper, ink sticks to where there is no paper pattern, and the image appears by doing so. Basically, the prints consist of two colors and two plates. These are constituted by elements other than shapes, such as the texture of ink grain copied by pressing and the texture of white of paper left mask paper pattern. I'd like to make a work as it is at that time, express it with as few colors and plates as little as possible. The title is based on motifs, with initial letters, with some alphabets. These are also another way of taking the distance to "form".

©2017 Yasuyoshi Tokida